DeNA、倉本の適時打などで2点返す! 広島守備の乱れを突く

広島の捕球ミス、送球ミスに乗じて4点差に縮める

 DeNA倉本寿彦内野手が15日、広島とのCSファイナルステージ第4戦(マツダスタジアム)で2回に適時打を放ち、望みをつないだ。

 初回、先発・今永が広島打線を相手にまさかの6失点KOを喰らった。その直後の攻撃、1死から5番・宮アが中堅フェンス直撃の二塁打で出塁。続くエリアンが一塁ゴロに倒れたかに見えたが、ベースカバーに入った先発・岡田が捕球ミス。1死一、三塁の好機を迎えた。ここで打席に立ったのは、今季打率3割超えを果たした倉本。1ボールから2球目速球をライトへ運んで1点を返すと、右翼からの送球を三塁手が逸らす間に、三塁へ到達していたエリアンが一気に生還。2点を返すことに成功した。

 初回で勝負がついたかに見えた試合だったが、DeNAが空いて守備の乱れをついて2点返し、点差は4点に。逆転勝利の望みをつないだ。

関連記事(外部サイト)