DeNA、骨折・梶谷が執念の2点弾! 広島に2点差に詰め寄る

左薬指骨折の梶谷、前日の適時打&決死のダイブ捕球に続く意地のプレー

 左薬指の骨折を押して強行出場するDeNA梶谷隆幸外野手が執念の2ランを放った。15日、広島とのCSファイナルステージ第4戦(マツダスタジアム)で、2-6で迎えた3回にライト席へアーチ。2点差に詰め寄った。

 初回に6点を奪われ、嫌なムードが漂ったDeNAが、じわじわと反撃を始めた。2回攻撃で相手のミスに乗じて2点を返すと、2-6で迎えた3回だった。先頭・桑原が左前打で出塁した直後、続く梶谷が広島先発・岡田から3球目スライダーを右翼2点弾とし、一気に2点差に迫った。

 試合開始で一気に持っていかれた流れを、DeNAが少しずつ取り戻している。

関連記事(外部サイト)