SB柳田、リード2点に広げる適時打 2試合ぶりヒットで貴重な1点もたらす

高梨のカーブを中前にはじき返す

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が15日の日本ハムとのCSファイナルステージ第4戦(札幌ドーム)で貴重なタイムリーを放った。

「3番・中堅」でスタメン出場。3回2死一塁。初球で一塁走者・本多がスタート。二盗に成功すると、捕手・大野の送球が中堅へそれる間に一気に三塁へ進んだ。続く2球目。外角カーブを中前へはじき返した。リードを2点に広げるタイムリーとなった。

 前日は8回1死一、二塁で二ゴロ併殺打に倒れるなど4打数無安打。2試合ぶりの快音が、価値ある2点目につながった。

関連記事(外部サイト)