前田健太、2回までに3失点…好機で痛烈な左前打も、好返球で走者がアウト

前田健太、2回までに3失点…好機で痛烈な左前打も、好返球で走者がアウト

ナ・リーグのリーグ優勝決定シリーズ初戦先発を任された、ドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

カブス先発レスターからヒットも…投球では2回に追加点を奪われる

 ドジャースの前田健太投手が15日(日本時間16日)、ナ・リーグのリーグ優勝決定シリーズ初戦に先発。1点を追う2回にチャンスで痛烈なレフト前ヒットを放ったが、得点にはつながらなかった。

 前田は初回、先頭ファウラー、2番ブライアントに連打を浴び、先制点を許す苦しい立ち上がり。しかし、後続を断って1失点で切り抜けた。

 すると、2回、ドジャースはカブス先発レスターから1死一、二塁のチャンスを作った。ここでピーダーソンが三振に倒れ、2死となって前田が打席へ。初球の直球をとらえ、レフト前に痛烈なヒットを放った。二塁走者のゴンザレスが一気に本塁に突入したが、左翼ゾブリストの好返球でアウト。惜しくも同点打とはならなかった。

 前田は2回にも先頭ヘイワードに三塁打を許すと、バエスのフラフラと上がった打球がセンター前に落ちる不運な当たりで適時二塁打とされ2失点目。さらに、バエスのホームスチールを許して3点目を奪われた

関連記事(外部サイト)