日本Sへ王手の日ハム、田中賢に代わり杉谷先発 栗山監督「開き直っていく」

日本Sへ王手の日ハム、田中賢に代わり杉谷先発 栗山監督「開き直っていく」

日本ハム・杉谷拳士【写真:田口有史】

杉谷を「2番・二塁」でスタメン起用

 4年ぶりの日本シリーズ進出に王手をかけている日本ハムは16日にソフトバンクとのCSファイナルステージ第5戦(札幌ドーム)に臨む。

 この日は杉谷拳士内野手が「2番・二塁」がスタメン入り。ここまで今シリーズでの出場はないものの、4試合13打数無安打の田中賢介内野手に代えて大抜擢された。

 今季は4月10日の楽天戦(コボスタ宮城)で右手首を骨折。6月8日に再昇格し、62試合出場し、打率.240(104−25)、0本塁打、9打点だった。ソフトバンク先発の摂津正との今季対戦はないが、対右投手には打率.333(42−14)と高いアベレージをマーク。ムードメーカーの一振りに期待したいところだ。

 試合前の栗山英樹監督は「ホークスに2回挑戦権がある。ミスしてもいいし、開き直っていくしかない。調子が悪いから打てないのか、ただ単に打てないのか。ここ(スランプ)を抜けさせるのが、こちらの役割」と話した。

 また、大谷翔平投手は「3番・指名打者」で野手として4試合連続スタメン出場する。このシリーズは打率.167(12−2)、0本塁打、2打点。決して本調子とは言えないが、15日の第4戦では6回、バンデンハークからCS初打点となる右中間2点二塁打を放った。勝てば日本シリーズ進出が決まる大一番で、どのような打撃を見せるか注目だ。

両軍のオーダーは以下の通り。

○ソフトバンク
1(左)中村晃
2(遊)今宮
3(中)柳田
4(一)内川
5(指)長谷川
6(三)松田
7(右)吉村
8(二)本多
9(捕)細川
投手 摂津

○日本ハム
1(左)西川
2(二)杉谷
3(指)大谷
4(一)中田
5(右)近藤
6(三)レアード
7(中)陽
8(捕)大野
9(遊)中島卓
投手 加藤

関連記事(外部サイト)