大谷翔平はWBCで二刀流起用へ 小久保監督が明言「投打ともに日本のトップ」

大谷翔平 WBCで二刀流起用へ

大谷翔平はWBCで二刀流起用へ 小久保監督が明言「投打ともに日本のトップ」

大谷翔平はWBCで二刀流起用へ 小久保監督が明言「投打ともに日本のトップ」

侍ジャパン・小久保裕紀監督【写真:Getty Images】

鈴木に「右の外野手として期待」、千賀のフォークは「国際大会で通用する」

 侍ジャパンの小久保裕紀監督が18日、11月の強化試合に挑むメンバー28選手を発表した。同10日から13日にかけて東京ドームでメキシコ代表、オランダ代表と対戦する。

 今季、二刀流で日本ハム優勝の原動力となった大谷翔平は投手での選出となったが、今回はDH、外野手で起用する方針。小久保監督は「打順は決めていません。DHは1つの枠しかない。これだけのメンバーでDHを張れる選手もたくさんいるので、その辺もこれから考えたいです」と話した。

 また、パ・リーグCSファイナルステージ第5戦でDHを解除し、最終回に登板して日本最速165キロをマークした投球については「あらためて、すごいボールを投げていた。ここ一番で頼れる投手になってきた」と脱帽。来年3月のWBCでは、「投打ともに日本のトップクラスという認識なので」と、負担がかかりすぎないように配慮しながら二刀流で出場させる方針を明かしたが、DH→守護神という起用は「そこまでは当然、ありません」と説明した。

 さらに、期待する選手を問われると、広島・鈴木の名前を挙げて「今年の彼の活躍を見ていると、右の外野手が不足しているという中で、右の外野手としての存在を期待しています」と話した。ソフトバンクの千賀についても「あのフォークは国際大会で通用する」と期待を寄せた。

 鍵となるクローザーや4番については、今回の強化試合などを見ながら決めていくという指揮官。二塁でポジションが重なるヤクルト・山田、広島・菊池については、どちらか1人に他のポジションを守らせることも示唆した。本番のWBCでは、メジャーリーガーの招集にも踏み切るという。世界一奪還へ向けて、いよいよ最後の準備に入る。

関連記事(外部サイト)