西武ニールの“仕事ぶり”は「80%」!? 7月21日オリ戦でパーソルDAY開催

西武ニールの“仕事ぶり”は「80%」!? 7月21日オリ戦でパーソルDAY開催

お立ち台に上った西武・ザック・ニール(右)と山川穂高【写真:パーソル パ・リーグTV】

今季から入団した技巧派右腕ニール、“仕事ぶり”を訊ねると…

 パ・リーグのオフィシャルスポンサー・パーソルグループの冠試合「パーソルDAY」。その西武-オリックス戦が、7月21日にメットライフドームで行われた。

 今回、始球式投球権を獲得したのは千葉県在住の福田哲明さん。満員の観客の中、大役を全う。「(鈴木将平外野手との)キャッチボールではできていたのに、本番では緊張してストライク投球できませんでした。終わった後に、キャッチャーの岡田(雅利)選手が『ちゃんと捕ってあげられなくてゴメン』と声をかけてくださって。優しいですよね。暴投をしてしまった僕が悪いのにと申し訳なくなりました」と微笑ましいエピソードも披露した。

 ゲームは、10-3で西武が逆転勝利。5回まではタイムリーが出ず追う立場だったが、6回裏に4番・山川穂高内野手の30号3ランで試合をひっくり返し、大量リードを継投で守りきった。

 西武の先発・ニールは、今季から入団した技巧派右腕。この日はシンカーとシュートを効果的に使い、持ち前の打たせて取るピッチングで自身の連勝記録を伸ばす勝ち星を手にした。試合後、ニールに「今日の仕事ぶり」について訊ねた。

「(『この日の仕事ぶり』をパーセンテージで言うと)80%ですね。良いピッチングができたと思いますし、チームとしてもホームランが出て良い勝利につながりました。良かったボールはシンカー。ただオールスターゲームの影響で登板間隔があいて、序盤はピッチングの感覚をつかむことに苦労しました。まるで自分でないみたいに。でも最終的には良いピッチングができたと思います。この良い感覚を忘れずに次のゲームにも挑みたいです。そして次回以降も自分が常に目標としている長い回を投げること、しっかり試合を作っていくことをやっていきたいです」

ニールが試合前に行っているルーティンワークは?

 入団当初から、打者のタイミングを外したピッチングと与四球の少なさは評価されていたものの、粘られて痛打されてしまうことも多く、4月下旬から約2か月間をファームでの調整に費やした苦労人だ。交流戦中に1軍復帰してからはローテを死守するということ、大崩れすることなくゲームを組み立てるということが、高橋光成投手(7勝)に続く勝ち頭不在の西武でニールに求められる“仕事”であり、役割でもある。

 仕事に没入する体勢をつくるという意味でも、試合前に行なっている“事”や“ルーティン”は、選手のこだわりが見られるだろう。ニールの試合前のルーティンについて訊ねると、「とてもシンプルなものだけど……」と言いながらも話をしてくれた。

「ゲームが始まる1時間前に、いつも同じ曲を聴きながら、同じストレッチメニューをこなして、ジムで汗を流しています。とてもシンプルだけど、大事にしているルーティンワークなんです。試合はとてもエキサイトする状況なのだけど、集中するために常に心を落ち着かせることを心がけています」

 話をした印象は、自分の役割を意識し、その日の反省を繰り返し口にする「真面目」で「紳士」な選手。西武のパーソルDAYの仕事人は後半戦、獅子奮迅の働きを見せてくれるに違いない。

今後のパーソルDAYの予定

楽天@楽天生命パーク宮城
8月4日vsロッテ

ロッテ@ZOZOマリンスタジアム
8月31日vsオリックス(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)