菊池雄星、自己最悪4被弾6失点で8敗目 今季シーズン28被弾はMLBワーストタイ

菊池雄星、自己最悪4被弾6失点で8敗目 今季シーズン28被弾はMLBワーストタイ

8敗目を喫したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

敵地アストロズ戦で4回1奪三振4被弾9安打6失点 防御率5.49

■アストロズ 10-2 マリナーズ(日本時間3日・ヒューストン)

 マリナーズの菊池雄星投手は2日(日本時間3日)、敵地・アストロズ戦で先発。4回で4被弾を含む9安打6失点で5勝目はお預けとなった。チームは2-10で大敗し、菊池は8敗目(4勝)を喫した。

 初回、先頭のスプリンガーを中前打で出したものの、後続を打ち取って無失点。しかし、2回に崩れた。先頭・アルバレスに中越えへ先制ソロを浴びると、マリスニックに左越え2ランを浴びた。4回には1死からマルドナドに右越えソロ、同2死三塁からアルトゥーベに左越え2ランを浴びた。4回77球(ストライク51球)を投げ、4被弾9安打6失点。1奪三振、無四球だった。シーズン28被本塁打はアストロズのジャスティン・バーランダーと並びメジャーワーストタイとなった。防御率5.49。

 菊池は6月23日のオリオールズ戦以来6試合ぶりの勝ち星を目指したが、ポストシーズン進出へ突き進むアストロズに跳ね返された。チームは2-10で大敗。自身3連敗で8敗目を喫した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)