西武多和田、3回途中7安打4失点で降板 昨季16勝・最多勝右腕が2試合連続KO

西武多和田、3回途中7安打4失点で降板 昨季16勝・最多勝右腕が2試合連続KO

初回に3失点を喫した西武・多和田真三郎【画像:パーソル パ・リーグTV】

前回登板の日本ハム戦は4回2/3、7安打6失点(自責2)で5敗目

■オリックス – 西武(3日・京セラドーム)

 西武の多和田真三郎投手が3日、敵地でのオリックス戦に先発し2回2/3、7安打4失点で降板した。前回登板(7月27日)の日本ハム戦でも4回2/3、7安打6失点(自責2)で5敗目を喫しており2試合連続で厳しい投球となった。

 昨年16勝を挙げ最多勝に輝いた右腕が苦しんでいる。初回は1死から3連打を浴びあっさりと先制を許すと1死二、三塁からロメロの遊ゴロの間に1点、さらに続く中川には中前適時打を浴びこの回3失点。

 2回は2死から福田に一塁内野安打と二盗で2死二塁のピンチを背負うと西野に中前適時打を浴び4点目を失う。3回は2死一塁から安達、若月に連続四球を与え満塁のピンチを背負い降板となった。

 多和田は2回2/3を74球を投げ7安打3四球4失点で降板。2番手には小石がマウンドに上がった(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)