【高校野球】東海大相模VS近江、花咲徳栄VS明石商…大会6日目は注目カード目白押し

【高校野球】東海大相模VS近江、花咲徳栄VS明石商…大会6日目は注目カード目白押し

大会6日目は好カードが揃った

筑陽学園VS作新学院、中京学院大中京VS北照も

 甲子園で6日に開幕する第101回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が、大阪市内で行われた。

 大会6日目は注目カードが目白押しだ。第1試合では筑陽学園(福岡)と作新学院(栃木)が激突。第2試合では4年ぶり出場で優勝候補の東海大相模(神奈川)は昨夏ベスト8の近江(滋賀)と対戦する。

 第3試合では中京学院大中京(岐阜)と北照(南北海道)。第4試合は花咲徳栄(埼玉)が明石商(兵庫)と対戦することが決まった。

 大会期間は6日から16日間予定(準々決勝、準決勝各翌日の休養日2日を含む)。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)