オリックス山本9回途中1失点の好投で6勝目! 西武は多和田3回途中KOで3連敗

オリックス山本9回途中1失点の好投で6勝目! 西武は多和田3回途中KOで3連敗

圧巻の投球を披露したオリックス・山本由伸【画像:パーソル パ・リーグTV】

山本は9回に1点を失い降板も8回1/3、5安打1失点の好投

■オリックス 4-1 西武(3日・京セラドーム)

 オリックスは3日、本拠地・京セラドームでの西武戦を4-1で勝利しカード勝ち越しを決めた。先発の山本は8回1/3、5安打10奪三振1失点の好投で6勝目を挙げた。

 オリックスは初回に1死から西野、吉田正、モヤの3連打で1点を奪うと1死二、三塁からロメロの遊ゴロの間に1点、さらに続く中川の中前適時打でこの回3点を先制。さらに2回も西野の中前適時打で追加点を奪いリードを広げた。投げては先発の山本が6者連続三振を含む10奪三振の力投で8回1/3、5安打1失点の好投で6勝目をマーク。

 西武は先発の多和田が3回途中7安打4失点で6敗目。2番手の小石が4回1/3、2安無失点のリリーフを見せたが打線が山本を捉えきれなかった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)