崖っぷちのブルージェイズが初勝利 ドナルドソン先制弾&サンチェス好投

崖っぷちのブルージェイズが初勝利 ドナルドソン先制弾&サンチェス好投

ブルージェイズのアーロン・サンチェス【写真:Getty Images】

1勝3敗として踏みとどまる、インディアンスはエース右腕クルーバーで敗戦

 ブルージェイズは18日(日本時間19日)、本拠地で行われたア・リーグ優勝決定シリーズ第4戦でインディアンスに5-1で勝利し、1勝3敗と踏みとどまった。

 3連敗で崖っぷちに立たされていたブルージェイズは3回、ドナルドソンがインディアンス先発クルーバーからソロ本塁打を放ち先制。4回にはカレーラのタイムリーで追加点を奪った。

 1点差となった7回には、エンカーナシオンが2点タイムリー。8回にピラーの犠飛で4点差として、試合を決めた。

 今季、防御率リーグトップの3.00をマークした先発サンチェスは、6回2安打1失点の好投。サイ・ヤング賞候補とされるクルーバーは5回4安打2失点で、サンチェスが投げ勝った。

 シリーズ初勝利で踏みとどまったブルージェイズ。19日(同20日)の第5戦もトロントで行われ、ブルージェイズが勝てば、21日(同22日)からはクリーブランドに舞台を移す。

関連記事(外部サイト)