【MLB】SNSが生んだ“奇跡”の155キロ右腕、“速球王”ヒックスから太鼓判「球速がものを言う」

【MLB】SNSが生んだ“奇跡”の155キロ右腕、“速球王”ヒックスから太鼓判「球速がものを言う」

アスレチックスと契約を結んだネイサン・パッターソン(画像はスクリーンショット)

球場で155キロをマーク→兄弟がSNS投稿→ア軍と契約→最速169キロ右腕ヒックスからエール

 SNS投稿が反響を呼んでアスレチックスとの契約を勝ち取った23歳右腕ネイサン・パッターソン。シンデレラボーイの誕生は米球界で大きな話題となったが、このほど”メジャー最速男”からエールを受けた。

 パッターソンは兄弟2人で兄弟2人でロッキーズの本拠地クアーズ・フィールドへ。そこで球速を計測する「スピード・ピッチ・チャレンジ」に参加したところ、最速96マイル(約154.5キロ)の剛速球を投じた。この衝撃的な投球を兄弟のクリスチャン・パッターソンが「MLB、彼と契約して!」と自身のツイッターに動画付きでアップ。今年2月からアスレチックス側とは連絡を取っていたとはいえ、本当にMLB球団との契約を勝ち取った。パッターソンは自身のインスタで「この気持ちを言葉にできません。ここまでの過程に携わってくれた皆さんに感謝しきれません! この機会を与えてくれたアスレチックスに感謝します!」と綴っていた。

 このニュースに、カージナルスのジョーダン・ヒックスも反応。パッターソンの兄弟が投稿したツイートに「球速がものを言う」と返信した。6月に右肘内側側副靭帯再建術(トミー・ジョン手術)を受けたとはいえ、最速169キロを誇る速球王からのエール。パッターソンは自身のツイッターで「剛腕の彼から。お褒めの言葉をいただき、感謝します!! 早期の回復を願っています」と感謝の思いを綴った。

 兄弟のSNS投稿からMLB契約をつかんだ155キロ右腕。新速球王のエールを励みに、メジャーデビューへつなげたいところだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)