鷹が連勝で2位ハムと3.5差、オリ山本は10K1失点の快投…3日のパ・リーグは?

鷹が連勝で2位ハムと3.5差、オリ山本は10K1失点の快投…3日のパ・リーグは?

9回途中1失点10奪三振と好投したオリックス・山本由伸【画像:パーソル パ・リーグTV】

ロッテ-楽天は両軍計17安打も全て単打でスコアレスドロー

 パ・リーグは3日、各地で3試合が行われ、ソフトバンク、オリックスがそれぞれ勝利。楽天-ロッテは引き分けに終わった。ソフトバンクは首位攻防戦に2連勝で、2位日本ハムとのゲーム差を「3.5」に広げた。

 ソフトバンクは敵地で日本ハムとの直接対決に6-3で快勝。3カードぶりのカード勝ち越しを決めた。初回に日本ハム先発の金子から上林の中前適時打などで4点を奪うと、5回には内川が10号ソロ、8回には代打・長谷川勇が右前適時打を放つなどで効果的に得点を重ねた。先発ミランダは5回途中までノーヒットピッチング。6回に清水に2号ソロを浴びたものの、7回1安打1失点と日本ハム打線を封じ5勝目を挙げた。日本ハムは先発の金子が6回5失点で6敗目。9回に谷口の2号2ランで追い上げたが、2カード連続の負け越しで3連敗。一時は0.5差まで縮まっていた両チームのゲーム差は「3.5」まで開いた。

 オリックスは本拠地・西武戦に4-1で勝利し、カード勝ち越しを決めた。先発の山本が6者連続三振を含む10奪三振。8回1/3を5安打1失点に抑え、6勝目を挙げた。打線は初回1死から西野、吉田正、モヤの3連打で1点を奪うと、1死二、三塁からロメロの遊ゴロの間に1点を追加。さらに、続く中川の中前適時打で3点を先制し、2回にも西野の中前適時打が飛び出してリードを広げた。西武は先発の多和田が3回途中7安打4失点の乱調で6敗目。2番手・小石が4回1/3を2安打無失点と好リリーフを見せたが、打線が山本を捉えきれなかった。

 楽天生命パークで行われた楽天-ロッテは、両チームとも好機を活かせず無得点のまま0-0の引き分けに終わった。楽天菅原、ロッテ小島と両先発投手が6回無失点の好投。救援陣も得点を許さず、試合は延長に突入した。ロッテは延長10回、11回と満塁の好機を生かせず。楽天は12回1死一、三塁と得点圏に走者を進めたが、茂木が空振り三振に倒れ、最後は下水流が三ゴロ。平石監督が一塁の判定に対しリクエストを要求したが覆らず、両軍無得点のまま延長12回引き分けとなった。5時間を超える熱戦に登板した投手は両軍合わせて15人。合計17安打が飛び出したが、全て単打だった。

→1 ソフトバンク 101試合55勝42敗4分 -
→2 日本ハム 100試合51勝45敗4分 3.5
→3 楽天 98試合49勝46敗3分 1.5
→4 西武 98試合49勝48敗1分 1.0
→5 ロッテ 98試合46勝49敗3分 2.0
→6 オリックス 99試合43勝51敗5分 2.5(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)