阪神藤川が4戦連続セーブ、ドラ1近本が値千金の決勝弾 広島は連勝止まる

阪神藤川が4戦連続セーブ、ドラ1近本が値千金の決勝弾 広島は連勝止まる

阪神・藤川球児【写真:荒川祐史】

西が6回1失点の粘投で5勝目

■阪神 4-1 広島(3日・マツダスタジアム)

 阪神は3日、敵地での広島戦に4-1で勝った。先発の西が6回4安打1失点で5勝目(7敗)。9回の広島の反撃を1点でしのいだ藤川が4試合連続の4セーブ目を挙げた。

 1点を追う2回1死一、二塁で糸原が同点の右前適時打。3回にドラフト1位ルーキー近本が右翼席に8号ソロを放ち、勝ち越した。8回には相手失策と、マルテの右犠飛で2点を追加して逃げ切った。

 広島は3連勝でストップ。先発・床田は6回2失点(自責1)と力投を見せたが、打線が7安打でわずか1得点に終わった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)