【MLB】エンゼルス先発右腕が緊急降板 チームトップ8勝も2回守備で右膝捻挫

【MLB】エンゼルス先発右腕が緊急降板 チームトップ8勝も2回守備で右膝捻挫

敵地でのインディアンス戦で負傷したエンゼルスのフェリックス・ペーニャ【写真:Getty Images】

今季8勝ペーニャは敵地・インディアンス戦で先発した

■インディアンス – エンゼルス(日本時間4日・クリーブランド)

 大谷翔平投手が所属するエンゼルスのフェリックス・ペーニャ投手は3日(日本時間4日)、今季9勝目をかけて敵地・インディアンス戦で先発。2回の守備で右膝を捻挫して緊急降板した。4日(同5日)にMRI検査を受ける予定。

 2回1死、ラミレスの一ゴロで一塁ベースカバーへ入った際に右膝を痛めた。直後に絶叫し、その場に倒れ込む。最後は球団関係者、プホルスに抱えられて一塁ベンチへ下がった。

 試合前までペーニャはチームトップ8勝、101奪三振を記録していた。2回2死からケーヒルが救援した。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)