【MLB】大谷翔平、自打球絶叫も今季24度目の意地マルチ! 2得点に絡む活躍もチーム3連敗

【MLB】大谷翔平、自打球絶叫も今季24度目の意地マルチ! 2得点に絡む活躍もチーム3連敗

敵地でのインディアンス戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

敵地インディアンス戦で「3番・DH」で先発出場し、4打数2安打

■インディアンス 7-2 エンゼルス(日本時間4日・クリーブランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、敵地のインディアンス戦で「3番・指名打者」で2試合連続先発出場。2打席凡退で迎えた6回の第3打席で左翼線二塁打を放ち、8回の第4打席で三塁内野安打。2試合ぶり今季24度目のマルチ安打をマークした。全2得点に絡む活躍だったが、チームは完敗。3連敗となった。

 5点を追う6回1死一塁。先発右腕プラトコから快音を飛ばした。左翼線にギリギリ入る二塁打とした。打球速度89マイル(約143.2キロ)。4打数3安打だった7月30日の本拠地タイガース戦以来の安打だ。4試合連続出塁に伸ばした。続くアップトンの左犠飛につなげる一打となった。

 2本目は4点を追う8回2死一塁だった。4番手左腕ペレスの初球を振った際に自打球が右足甲に直撃。痛みのあまりその場で絶叫したが、その後三塁線へ打球を飛ばし、快足を生かして内野安打とした。マルチ安打は2試合ぶり今季24度目だ。続くアップトンの中前適時打につなげた。

 初回2死は一ゴロ。4回先頭は打球速度110マイル(約177キロ)と強烈だったものの、中直だった。4打数2安打で打率.292とした。

 エンゼルスはチームトップの8勝を挙げていた先発のペーニャが2回の守備で一塁ベースカバーに入った際に右膝を捻挫して緊急降板。2番手のケーヒル、3番手のアンダーソンが5回に5失点した。2-7で敗れ、3連敗となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)