【MLB】大谷一問一答、昨季超えマルチも打者専念の難しさを吐露「毎日試合があるのは…」

【MLB】大谷一問一答、昨季超えマルチも打者専念の難しさを吐露「毎日試合があるのは…」

敵地でのインディアンス戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

昨季を超える24度目のマルチ安打「毎日毎日良くても悪くても試合があるというのは難しいかなと思います」

■インディアンス – エンゼルス(日本時間4日・クリーブランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、敵地のインディアンス戦で「3番・指名打者」で2試合連続先発出場。2打席凡退で迎えた6回の第3打席で左翼線二塁打を放ち、8回の第4打席で三塁内野安打。2打席連続安打で、2試合ぶり今季24度目のマルチ安打をマークした。全2得点に絡む活躍だったが、チームは完敗。3連敗となった。

 8月初安打は5点を追う6回1死一塁だ。先発右腕プラトコから左翼線にギリギリ入る二塁打を放った。打球速度89マイル(約143.2キロ)。4試合連続出塁に伸ばし、続くアップトンの左犠飛につなげる一打となった。4点を追う8回2死一塁では4番手左腕ペレスの初球を振った際に自打球が右足甲に直撃。その場で悶絶したが、その後三塁線へ飛ばし、快足で内野安打とした。2試合ぶり今季24度目のマルチ安打で、続くアップトンの中前適時打につなげた。

 シーズン24度のマルチ安打は昨季の23度を超えた。それでも、大谷は試合後、淡々と打撃を振り返った。

――チームは敗れたが、マルチ安打と活躍した。

「負けているので、ヒットは出てますけど、みんなヒットは出てますけど、なかなかつながらないという感じかなと思います」

――2本とも逆方向へ。一塁側に寄るシフトを見ての打撃だったのか。

「特にそんなこともなく。大幅なシフトというわけでもなかったので、センターに打ったのも悪くなかったですし、少しずついい感覚を出せるように頑張りたいなと思っています」

――打撃のズレがあったのか。

「常に絶対に打てることはないですし、それは一貫して。シーズン中はずっとそういう感じなので。ヒットが出ていても、もっと良くなるところはあると思うので。そこを見つけながら。ダメなところはもちろん改善しながらやりたいなと思います」

――三塁内野安打を振り返って。

「結果的に打ち取られているような当たりなので。ただ3-2からきっちりあのコースに投げられるのが素晴らしいなと思いますし、逆に投手だったら、そうしたいなと思うんじゃないかなと思うので。去年までだったら、あのカウントで四球が一番嫌なのかなというか、逆に四球でもいいと思って投げているので。そこが大きな違いかなと思います」

――昨季のマルチ安打23度を超えた。

「安打も大事ですけど、四球も大事ですし、いろんな仕事があると思うので。ヒットを打つだけが仕事ではないので、その場その場でその仕事ができれば、いい気持ちになるんじゃないかなと思うので、その気持ちを増やしたいなと思います」

――試合に出続ける難しさを感じるか。

「特に大きな違いを感じてはいないので。もちろん毎日毎日良くても悪くても試合があるというのは難しいかなと思いますし、野手として毎日試合に出るリズムに対して、僕は初めてなので。逆にそういう難しさはあるかなとは思いますけど、大きな違和感は特に感じてないかなと思います」

右足甲に自打球も軽症強調「大丈夫です」

――右足甲の自打球は。

「大丈夫です」

――オースマス監督が練習中に同じ箇所に自打球を当てていたと話していた。

「数日前ですね。僕は出ていなかったので。ケージで打ってて、という感じですね。自打球が当たるとしたら、右足なので、だいたい同じところかなと思います」

――試合に出続ける難しさを感じるか。

「特に大きな違いを感じてはいないので。もちろん毎日毎日良くても悪くても試合があるというのは難しいかなと思いますし、野手として毎日試合に出るリズムに対して、僕は初めてなので。逆にそういう難しさはあるかなとは思いますけど、大きな違和感は特に感じてないかなと思います」

――第2打席の中直も球を捉えていた。

「本塁打になってくれれば一番いいですけど、2ストライクでしたし、なかなか難しいかなとは思うので。その中でいい方向の打撃にもっていけたかなと思います」

――2ストライクからのアプローチについては。

「特に何も。大きく球種を待ったりとか、コースを張ったりするタイプではないので、比較的自分がいい形で待てていればいいのかなと思うので。2ストライクに追い込まれたりとか、カウントによって心待ちで自分の動きが変わってくるので、そういうのを減らしたいなと思います」

――初球から思い切り振ることもある。

「基本的には、どのカウントも変わらないと思いますね。ただ2ストライクなので、ちょっと気持ち広く待たないといけないですし、そこを振らないように最初の打席ではしてますけど。浅いカウントでは。2ストライクに追い込まれたら、そういうことを考えないといけないので、なるべく最初と同じようにいきたいですけど、それが難しいなと思っています」

――失投1球をしっかり仕留めたいタイプか、失投を逃す失敗を受け入れて全てアプローチしたいタイプか。

「単純にストライクに来た球は普通に打てる球だと思っているので。もちろんストライクに来た球を確実に打てればいいですけど、それが難しいコースならファウルになる確率も高いので。それはそれとしていいんじゃないかと思っていますね。どこに来てもヒットにできるように練習するのが練習ですし、なかなかそれが出来ないので、甘い球をしっかり打ちましょうということじゃないかなと思います」

――1日に本塁打にできる球は何球かあるか。

「ありますね。それは。もちろん本塁打にできる球が来たからといって、本塁打にできるわけではないので。そこが難しいのであって。出来たなと思うことがあっても100%ではないかなとは思うので。それを100%に持っていく練習をしたいなと思ってますし、打てたなと思えるのが一番いいかなと思いますね。やっぱり見ていて。『今のは打てたな』と思えるか、甘くても『今のは打てなかったな、打てそうになかったな』というのは自分の状態次第かなと思います」

――昨季と違い、野手専念。3連戦で同じ投手と対戦する機会も増えた。マルチ安打が増えている要因か。

「どうですかね……。クリーブランドもそんな多く当たるわけでもないですし。どうですかね、そんなに大きな差はないと思っています」(木崎英夫 / Hideo Kizaki)

関連記事(外部サイト)