【MLB】前田健太、3回途中5失点と炎上 相手投手に痛恨の適時打、主砲に満塁弾浴びKO

【MLB】前田健太、3回途中5失点と炎上 相手投手に痛恨の適時打、主砲に満塁弾浴びKO

ドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

本拠地で先発もわずか61球で降板、8勝目はならず

■ドジャース – パドレス(日本時間5日・ロサンゼルス)

 ドジャースの前田健太投手は4日(日本時間5日)、本拠地パドレス戦に先発し、2回2/3を5安打5失点と炎上してKOされた。3点のリードをもらった直後の3回にピッチャーに適時打を浴びると、主砲のホズマーに痛恨の満塁弾を打たれ、8勝目はならなかった。

 前田は初回、タティスJr.を捕邪飛、ガルシアを空振り三振、マチャドを投ゴロと上々の立ち上がり。2回もホズマーを三ゴロ、レンフローを見逃し三振、ネイラーを遊ゴロと2イニング連続の3者凡退に仕留めた。

 すると、打線が3回に先頭マンシーの27号ソロで先制。さらに、マーティンの2ランも飛び出し、3点リードとした。

 しかし、直後の3回に前田がつかまる。先頭メヒアに左翼への二塁打を許すと、マーゴットを空振り三振に仕留めた後、ピッチャーのパダックに適時中前打を浴びて1点を返される。タティスJr.は見逃し三振の後、ガルシアは中前打、マチャドは四球で2死満塁となり、ホズマーにはチェンジアップを右翼スタンドに運ばれた。痛恨の満塁被弾で5失点。続くレンフローに左前打を浴びたところで降板となった。

 2回2/3を5安打5失点4奪三振1四球でKO。わずか61球(ストライク39球)で降板となり、防御率4.37となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)