“冷蔵庫殴打”で抹消のパットン、異例の“謝罪文”投稿 自身のツイッターに

横浜DeNAベイスターズのパットンが冷蔵庫を殴り登録抹消 Twitterに異例の『謝罪文』

記事まとめ

  • 横浜DeNAベイスターズのパットンが読売ジャイアンツ戦で登板したが、1死も奪えず降板
  • パットンはベンチへ戻ると冷蔵庫を殴打し、右手に腫れが残り登録抹消となった
  • パットンはTwitterを更新し、土下座する絵文字とともに日本語の謝罪文を掲載した

“冷蔵庫殴打”で抹消のパットン、異例の“謝罪文”投稿 自身のツイッターに

“冷蔵庫殴打”で抹消のパットン、異例の“謝罪文”投稿 自身のツイッターに

DeNAのスペンサー・パットン【写真:荒川祐史】

「首位を争うチームの士気を下げてしまうことになり、すごく申し訳なく思います」

■DeNA 6-5 巨人(3日・横浜)

 ベンチにある冷蔵庫を殴打し、4日に出場選手登録抹消されたDeNAのスペンサー・パットン投手。5日に自身のツイッターを更新し“謝罪文”を投稿した。

 3日の巨人戦で8回に登板したパットン。だが、坂本勇に同点打を浴びるなど1死も奪えないままにマウンドを降りた。自身への怒りだったのだろう。ベンチへ戻ると、飲料の入った冷蔵庫を殴打。右、左、右と3発のパンチを食らわせた。右手に腫れが残ったため、4日には出場選手登録を抹消された。

 この日、ツイッターに土下座する絵文字とともに、日本語の謝罪文を掲載したパットン。そこには「昨日、私のベンチ内での行為により、首位を争うチームの士気を下げてしまうことになり、すごく申し訳なく思います。また、良い時も悪い時も応援し続けてくれたファンの皆さんに対して、期待を裏切る形となり申し訳ありません。球団に対しても失望させてしまい、申し訳なく思っています」と謝罪の言葉が並んだ。

 さらには「もう一度信頼してもらえるよう最善の努力をしたいと思います。自分の気持ちもしっかりコントロールできるようにいたします。チームに戻ってくる時は全力を尽くして貢献したいです」と綴り、信頼回復に努めていくことを誓っていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)