イチロー氏を「愛している」MLB球宴捕手が明かす“イチ愛” 「あの人は本物の男」

イチロー氏を「愛している」MLB球宴捕手が明かす“イチ愛” 「あの人は本物の男」

マーリンズ時代に同僚だったイチロー氏(右)とJT・リアルミュート【写真:Getty Images】

マーリンズ時代にチームメートだったフィリーズのJT・リアルミュート

 3月に東京で行われたメジャー開幕戦を最後に現役引退したイチロー氏。現在はマリナーズ会長付き特別補佐とコーチも兼務し、マリナーズの選手や3Aの原石を指導する日々を送っている。マーリンズ時代に天才安打製造機とチームメートだったフィリーズのJT・リアルミュート捕手は「あの人を愛している。本物の男だ!」と人間性を絶賛。「ショックだった。日本でプレーするものと思っていた」と現役引退の衝撃の余韻を告白している。

 昨季はマーリンズで、今季はフィリーズの代表として2年連続でオールスター選出を果たしたリアルミュート。捕手としては珍しくスピードも武器で、走攻守揃った万能の28歳は昨季まで低迷していたマーリンズからタイトルを目指すフィリーズに、今季大型トレードで移籍となった。

「マイアミ時代とは日々、大きな違いがある。毎日プレーする意義があるんだ。球場に行く気持ちも全く違う。とにかく楽しいよ。毎日勝ちたい。ディビションを制覇したい。そういう現実的な目標があると野球はもっと楽しいんだ。自分の目標はとにかくプレーオフに行くこと。そのためにチームメートを助けること。個人的なスタッツはどうでもいいんだ。チームが勝つために貢献したい」

 好青年として知られるリアルミュートはフィラデルフィアでの日々の充実感をこう表現した。

 経営陣がファイヤーセールで主力放出を繰り返したマイアミ時代はリアルミュートにとっては、暗い記憶のようだが、昨季のナ・リーグMVPクリスチャン・イエリッチ(ブルワーズ)、ジャンカルロ・スタントン(ヤンキース)、マルセル・オズナ(カージナルス)という当時メジャー最強と呼ばれた外野陣に加え、4番目の外野手として存在感を発揮したイチロー氏らかつてのチームメートとの絆は今も変わっていない

「マイアミ時代のチームメートとは未だに仲がいいよ。イエリ(イエリッチ)とはいつも話をしている。移籍した選手とも、マイアミの選手ともしょっちゅう電話しているよ」

 こう語ったリアルミュートだが、未だに忘れられない存在がいる。

イチロー氏の現役引退には「日本に戻ってまだプレーすると思っていたので、ショックだった」

「イチが引退してしまった。自分はイチを愛している。あの人は本物の男だ! 会えなくて寂しいよ」

 背番号「51」とは2015年から2017年シーズンまで共闘。日々のストイックなルーティンに間近に触れ、メジャー通算30人目の3000本安打達成など歴史的な瞬間も共有した。当時から「最低でも50歳まで現役」と目標を公言していたイチロー氏だけに、3月に行われた東京での開幕戦後の現役引退の報はあまりに衝撃だったとリアルミュートは振り返る。

「イチの引退を聞いたときは信じられない気持ちだったよ。彼が引退するなんて思いもしなかった。50歳までプレーすると思っていた。未だに打撃練習でかっ飛ばしているとも聞いている。日本に戻ってまだプレーすると思っていたので、ショックだった」

 マリナーズから退団しても、NPBに復帰して50歳まで野球を続けるものだと思っていたと、リアルミュートは信じていたという。イチローはシアトルの本拠地T−モバイル・パークと傘下の3Aなどで指導するために、チームの遠征には帯同することはない。ナ・リーグのフィリーズはア・リーグのマリナーズと今季対戦することはない。

「マリナーズ戦がないから今季はイチに会えない。それは本当に残念なことなんだ」

 リアルミュートは寂しそうに語っていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)