巨人6連敗で首位陥落危機、Aクラスは1ゲーム差に3チームの大混戦…6日のセ・リーグは?

巨人6連敗で首位陥落危機、Aクラスは1ゲーム差に3チームの大混戦…6日のセ・リーグは?

広島・緒方監督【写真:荒川祐史】

上位2チームが敗れ広島は2位DeNAに0.5差、首位巨人に1差に迫る

 セ・リーグは6日、各地で3試合が行われ広島、中日、ヤクルトがそれぞれ勝利した。

 広島は本拠地・マツダスタジアムでのDeNA戦を8-4で逆転勝ちで連勝。1点を追う4回に西川の11号2ランで逆転に成功すると、5回には曾澤、小園のタイムリーで2点を追加。さらに6回には菊池涼の9号ソロでダメ押し。投げては先発のアドゥワが7回6安打3失点(自責0)の好投で3勝目。DeNAは上茶谷が4回1/3、9安打6失点で4敗目。チームの連勝は3でストップした。

 中日は本拠地・ナゴヤドームでの巨人戦を6-0で勝利した。先発の大野雄が7回7安打5奪三振無失点の力投で今季7勝目。打っては福田が2回に10号ソロ、4回にタイムリー二塁打、さらに6回には11号ソロ、8回にタイムリーを放ち2発4安打4打点の大活躍。巨人は今季初先発となった野上が4回2失点で2敗目。チームも泥沼の6連敗を喫した。

 ヤクルトは本拠地・神宮での阪神戦を4-3で勝利し連勝。2点を追う5回に青木のタイムリーで1点差とすると6回に中村の4号2ランなどで逆転に成功。先発のブキャナンは6回2失点で2勝目を挙げた。阪神は9回に1点差に迫り2死満塁の好機を作ったが糸原が凡退し惜敗し連敗となった。

→1 巨人 99試合53勝45敗1分 -
→2 DeNA 102試合53勝46敗3分 0.5
→3 広島 103試合53勝47敗3分 0.5
→4 阪神 102試合46勝51敗5分 5.5
→5 中日 100試合46勝54敗0分 1.5
→6 ヤクルト 102試合40勝60敗2分 6.0(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)