【MLB】大谷翔平、代打四球で絶好機演出も… チーム6連敗で借金3

【MLB】大谷翔平、代打四球で絶好機演出も… チーム6連敗で借金3

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

指名打者制のない敵地レッズ戦で2試合連続でベンチスタートした

■レッズ 8-4 エンゼルス(日本時間7日・シンシナティ)

 エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、指名打者制のない敵地のレッズ戦で2試合連続でベンチスタート。8回に代打で登場し、四球だった。打率.286。チームは4-8で敗れ、6連敗。借金3となった。

 3点を追う8回の攻撃中に激しい雨のため試合が1時間前後中断した。大谷は中断が明けた同2死一、二塁、サイスの代打として登場した。5番手右腕シムズに内角を厳しく攻められ、最後は3ボール1ストライクから高めフォーシームを見逃して四球。同満塁に好機を広げたが、続くカルフーンは右飛に倒れた。今季は打率.286となった。

 チームは先発のスアレスが5回10安打6失点と試合を作れなかった。打線はアップトンが初回に6号3ラン、トラウトが5回に38号ソロを放ったが、6連敗。8日(同9日)から敵地・レッドソックス4連戦に臨む。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)