西武栗山、逆転の5号2ランで通算100号王手! 「よく伸びてくれました!」

西武栗山、逆転の5号2ランで通算100号王手! 「よく伸びてくれました!」

逆転弾を放った西武・栗山巧【画像:パーソル パ・リーグTV】

1点を追う4回に右中間へ逆転の5号2ラン

■西武 – 楽天(7日・メットライフ)

 西武の栗山巧外野手が7日の楽天戦(メットライフ)で「6番・左翼」で先発し、1点を追う4回に第5号逆転2ランを放った。

 初回に楽天が浅村の24号2ランで先制すると、西武はすぐさま森の14号ソロで1点を返した。1点を追う4回、この日4試合ぶりにスタメンに復帰した中村が右前安打で出塁すると、続く栗山が楽天先発・則本昂のストレートを捉え右中間スタンドに運ぶ逆転2ランを放った。

 7月5日のロッテ戦(ZOZOマリン)以来となる第5号で、通算本塁打数を99とした栗山。ベンチに戻ると「逆転のホームランになってよかったです。よく伸びてくれました!」と喜んだ。

 西武は今年から絶滅危惧種であるライオンの保全を目的とした「SAVE LIONS 〜消えゆく野生のライオンを救うプロジェクト〜」に取り組んでおり、今シーズンから本拠地でホームラン1本につき1万円を寄付している。この日の試合はこのプロジェクトとのタイアップデーになっており、栗山のホームランで今季のホームゲームでの本塁打は「50」本となった。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)