「野球以外では優しくしなさい」―軟式野球部を全国大会へ導いた女性監督の力

「野球以外では優しくしなさい」―軟式野球部を全国大会へ導いた女性監督の力

指示を送る関口結監督【写真:河野正】

埼玉・北本中の軟式野球部を率いる関口結監督、埼玉県内に女子監督は4人のみ

 埼玉県の公立中学校には現在、軟式野球部を率いる女子監督が4人いる。そのうちの一人が、北本市立北本中学校保健体育科の関口結教諭(30)だ。男子部員が大半を占める軟式野球部の女性指揮官というだけでも珍しいのに、今夏の全国大会にチームを導いたスゴ腕でもある。

 北本中は第32回埼玉県中学生野球選手権大会で準優勝し、全国中学生野球岩手大会(8月9〜12日・雫石町ほか)の出場権を獲得。埼玉、全国とも重さと大きさは硬球と一緒で、素材は軟球と同じゴム製のKボールを使用する大会だ。

 埼玉県中学生野球連盟が主催する今大会には部活動チームのほか、クラブや選抜など42チームが参戦。北本中は2地区に分かれた第1、第2ステージとも順調に勝ち上がり、第3ステージを制して全国大会出場を決めた。もう一方の地区を制した選抜チーム、渡部オールスターズと7月25日に争った決勝には4-5で惜敗したものの、最後の公式戦に懸けた3年生の情熱が結実した。

 第3ステージで監督と選手が考えを共有したことが、勝因の一つだという。バント戦法を採用したい指揮官、バントは苦手だと主張する選手。相手に重圧を掛けられるのがバントだ、と諭すうちに受け入れてくれた。「あれで迷わずサインを出せたし、子どもたちも役割を認識して打席に立てた。2試合ともやりたいことが丁寧にできて、理想的な点の取り方でした。こんな戦い方は初めて。かっこ良かったです」と関口監督は少女のような笑顔を振りまいた。

 直前にあった埼玉県学校総合体育大会(学校総体)北足立北部地区予選で初戦敗退。いきなり優勝候補同士の対決となり、ライバルの北本東に0-1で屈し県大会出場を逃した。中学生が全競技で一番の目標に掲げ、関東大会と全国大会に直結する一大行事が学校総体なのだ。

 ここで負けると3年生は引退するのが慣例だが、北本中は全員が残ってKボール大会に臨んだ。走攻守に秀でた遊撃手の加門知樹は、「応援してくれた全ての人に恩返しする最後の機会なので、全国大会に出場して日本一になりたいという思いが強かった。学校総体で負けた悔しさを晴らせました」と喜びをかみ締める。

選手が忘れられない関口監督の言葉「そこでの優しさはいらないけど、野球以外では優しくしなさい」

 関口監督はさいたま市立馬宮中学でソフトボールに没頭した後、全国高校女子硬式野球選手権で最多優勝7度を誇る名門の埼玉栄で野球を始めた。3年生の全国選手権決勝では、4安打を放って2度目の優勝に貢献。進学先の東京女子体育大学に硬式野球部がなかったため、クラブチームのサムライでプレーし、07年の第3回伊予銀行杯全国女子硬式野球選手権を制したほか、関東女子硬式野球のヴィーナスリーグではベストナインに2度輝いた名手だ。ポジションは遊撃か二塁を担当した。

 プロへの道も考えたが、日本女子プロ野球リーグの合同トライアウト(入団テスト)に不合格。もっとも就職先の希望順位は、中学時代からの夢だった体育教師の方が上だった。「学校と先生と友だちと給食が好きで、人に何かを教えて喜んでくれる姿を見るのも大好きでした」と説明するように教師は天職なのだろう。

 大学卒業後は北本市立中丸小学校に1年間の臨時採用。翌年、埼玉県の中学教員となって戸田市立戸田中学校に5年間奉職し、1年目から軟式野球部の顧問を任された。北本中に赴任して3年目を迎えたが、関口監督の着任と“同期”の現3年生は、非凡な選手が多く今年はまさに勝負の年でもあったのだ。

 現役時代に実績を残したとあり、部活動での技術指導は卓越しているが、生徒と触れ合う姿勢も教師のお手本といえる。「我慢できないと試合に負けちゃうので、普段の生活から我慢することを教えています」と訴える関口監督は、「地味なことをコツコツこなす意味を見いだせない子が多いけど、社会に出たら辛いこと、理不尽なことがたくさんです。その時に助けてもらえる人間になるためにも、普段から他人のために尽くすように伝えているんです」と語る様子はまるで老練教師だ。

 3年生はこんな女子監督をどう見てきたのか――。

 打席に立つと何かが起きると期待される筒井堅悟は、「女性監督なので初めは驚きましたが、技術面ばかりか野球への取り組み方の大切さを教わった。先生には野球人としても人間としても育ててもらいました」と感謝し、副主将の井澤隼人は「技術面と精神面で鍛えられた。プレー中に優しさを出してしまう自分に『そこでの優しさはいらないけど、野球以外では優しくしなさい』と言われたのが忘れられません」と話した。

 監督として初の全国大会については「もちろん勝ちにこだわりますよ、目標は優勝」と勝負師の厳しい表情で抱負を語る一方、「女子監督がいるだけで注目されますよね。シートノックもかっこよくやろう」とおどけた後、「かわいく映っている写真を載せて下さいね」と愛らしく笑った。猛暑日の試合では「私の敵は紫外線、いつもより厚めにファンデーションを塗って頑張るぞ」。何ともチャーミングで魅力的な女子監督である。(河野正 / Tadashi Kawano)

関連記事(外部サイト)