オリ2カード連続勝ち越し、山岡5回4失点と苦しみながらも9勝目 ハム痛恨の連敗

オリ2カード連続勝ち越し、山岡5回4失点と苦しみながらも9勝目 ハム痛恨の連敗

オリックス・西村監督【写真:荒川祐史】

同点の3回に西野の遊ゴロで勝ち越し

■オリックス 6-4 日本ハム(7日・札幌ドーム)

 オリックスは7日、敵地での日本ハム戦を6-4で勝利し2カード連続の勝ち越しを決めた。同点の3回に西野の内野ゴロの間に挙げた1点が決勝点。投げては先発の山岡が5回8安打4失点と苦しみながらも9勝目をマークした。

 オリックスは同点の3回に1死一、三塁から西野の遊ゴロの間に1点を勝ち越し。4回にも佐野のタイムリー三塁打、ロメロの適時内野安打で2点を加えリードを広げた。

 先発の山岡は3点のリードを追いつかれるなど5回8安打4失点ながら打線の援護もあり9勝目をマーク。日本ハムは先発の加藤が4回途中9安打6失点で5敗目。チームは最下位相手に連敗し負け越しとなった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)