DeNA、右手小指骨折のパットン帰国を発表 整復手術を受けるため、処分は再来日後

DeNA、右手小指骨折のパットン帰国を発表 3日の巨人戦で降板後、冷蔵庫を殴り骨折

記事まとめ

  • DeNAは7日、右手を骨折したスペンサー・パットンが整復手術で米国に帰国したと発表
  • 球団は「処分に関しては、日本に帰ってきた時に本人に直接伝える」と発表した
  • パットンは3日の巨人戦で降板、ベンチ内の冷蔵庫を殴り4日に登録を抹消された

DeNA、右手小指骨折のパットン帰国を発表 整復手術を受けるため、処分は再来日後

DeNA、右手小指骨折のパットン帰国を発表 整復手術を受けるため、処分は再来日後

DeNAのスペンサー・パットン【写真:荒川祐史】

冷蔵庫を殴り右手小指を骨折したパットン

 DeNAは7日、広島戦後に右手小指を骨折したスペンサー・パットン投手が整復手術を受けるため米国に帰国したことを発表した。

 この日の試合後に球団は「整復手術を行うため、今日の午後の便でアメリカに帰国した。来週には日本に帰ってくる予定。処分に関しては、日本に帰ってきた時に本人に直接伝える。詳しい発表はその後で行う」と発表した。

 パットンは3日の巨人戦(横浜スタジアム)の8回に登板したが1死も取れず降板。ベンチ内の冷蔵庫を殴り4日に登録を抹消。病院で検査を受け「第5中手手根関節脱臼骨折」と診断されていた。(大久保泰伸 / Yasunobu Okubo)

関連記事(外部サイト)