【MLB】菊池雄星、6戦連続被弾も5回まで8奪三振1失点の力投! 今季5勝目の権利発生

【MLB】菊池雄星、6戦連続被弾も5回まで8奪三振1失点の力投! 今季5勝目の権利発生

本拠地でのパドレス戦に先発登板しているマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

初回にタティスに先頭打者アーチを浴びるがその後は粘りの投球で

■マリナーズ – パドレス(日本時間8日・シアトル)

 マリナーズの菊池雄星投手が7日(日本時間8日)、本拠地でのパドレス戦に先発。初回に先頭打者アーチを浴び6試合連続被弾となったが、5回を投げ終え4安打8奪三振1失点の力投を見せ今季5勝目の権利が発生した。

 いきなり手痛い一発を浴びた。初回の先頭タティスにフルカウントから投じた83.5マイル(約134キロ)のスライダーを左翼席へ運ばれ先制を許した。

 それでも、その後は粘りの投球を見せる。2回は1死からメヒアの遊撃内野安打を浴びたがマーゴ、ウリアスを凡打に仕留め無失点。3回も1死からタティスに四球を与えたがマイヤーズを空振り三振、マチャドを遊飛に抑えた。

 同点で迎えた4回。1死からレンフローに左前打を浴び2死から2四球で満塁のピンチを背負ったがヘッジズを一飛に抑え無失点で切り抜けた。すると打線はその裏、シーガーが右翼席へ11号ソロを放ちマリナーズが勝ち越しに成功する。

 1点の援護を受けた菊池は5回。先頭のタティスに右前打を浴びたがマイヤーズ、マチャド、ホスマーを3者連続三振に仕留めた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)