オリックス佐野の驚異の快足ぶりが話題! 三塁到達タイム10.83に「サニブラウン級?」

オリックス佐野の驚異の快足ぶりが話題! 三塁到達タイム10.83に「サニブラウン級?」

オリックス・佐野皓大【写真:荒川祐史】

オリックスの佐野が放った三塁打の到達タイムが驚異の10.83秒をマーク

■オリックス 6-4 日本ハム(7日・札幌ドーム)

 オリックスの佐野皓大外野手が7日の敵地・日本ハム戦で驚異の快足ぶりを披露し話題になっている。4回に放った三塁打の到達タイムが10.83秒をマークしたことを「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeが伝えている。

 佐野は1点リードの4回1死二塁の場面で日本ハム加藤が投じた136キロの直球を強振。打球は中堅・西川の頭上を越えるタイムリー三塁打となった。圧巻だったのはそのスピード。一塁を回りギアを一段階上げ、悠々と三塁ベースに到達したタイムは10.83秒を記録した。

 「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeは「サニブラウン級!? 佐野ブラウンが驚異の3塁打到達タイム!!」との見出しで動画を公開。10秒台は余程の脚力とベースランニングの上手さがないと到達できないタイムとされている。

 野手転向2年目の佐野は今季、自身初の開幕1軍入りを果たすと自慢の俊足を生かしここまで57試合に出場し打率.231、1本塁打8打点、10盗塁をマーク。レギュラー獲りへ猛アピールが続いている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)