【MLB】菊池雄星、勝敗付かずも5回8K1失点の好投で復活の兆し! チームは連敗を5でストップ

マリナーズ・菊池雄星がパドレス戦に先発 5回1失点も2番手が追いつかれ勝敗付かず

記事まとめ

  • マリナーズ・菊池雄星がパドレス戦に先発したが、初回に先頭打者アーチを浴び失点した
  • しかし、その後は粘りの投球を見せ、5回1失点で勝利投手の権利を持って降板した
  • その後、2番手が同点に追い付かれ、マリナーズは勝ったが菊池に勝利はつかなかった

【MLB】菊池雄星、勝敗付かずも5回8K1失点の好投で復活の兆し! チームは連敗を5でストップ

【MLB】菊池雄星、勝敗付かずも5回8K1失点の好投で復活の兆し! チームは連敗を5でストップ

本拠地でのパドレス戦に先発登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

初回に先頭打者アーチを浴び先取点を許したが、その後は8三振を奪う力投

マリナーズ 3-2 パドレス(日本時間8日・シアトル)

 マリナーズの菊池雄星投手は7日(日本時間8日)、本拠地でのパドレス戦に先発し5回4安打8奪三振1失点の好投を見せたが勝敗付かず。チームは3-2で勝利し連敗を5でストップさせた。

 菊池は初回、タティスに先頭打者アーチを浴びいきなり1点を失なったが、その後は力強い直球とスライダーを武器に粘りの投球を見せた。2回は1死からメヒアの遊撃内野安打を浴びたがマーゴ、ウリアスを凡打に仕留め無失点。3回も1死からタティスに四球を与えたがマイヤーズを空振り三振、マチャドを遊飛に。同点で迎えた4回は2死満塁のピンチを背負ったがヘッジズを一飛に抑え無失点で切り抜けた。

 1点リードで迎えたす5回は先頭のタティスに右前打を浴びたがマイヤーズ、マチャド、ホスマーを3者連続三振に仕留める快投。5回4安打8奪三振1失点の好投で権利を持って降板。

 チームは6回に2番手でマウンドに上がったブレナンがメヒアに一発を浴び同点に追い付かれ菊池の5勝目は消滅。それでも8回1死一、三塁からボーゲルバックの遊ゴロの間に三走が生還し勝ち越しに成功。連敗を5でストップさせた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)