ソフトバンク柳田、復帰初打席はまさかの死球 ケムナの148キロが右太もも直撃

ソフトバンク柳田、復帰初打席はまさかの死球 ケムナの148キロが右太もも直撃

4か月ぶりに実戦復帰したソフトバンク・柳田悠岐【写真:福谷佑介】

4月7日のロッテ戦以来、123日ぶりの実戦に「4番・DH」でスタメン

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が8日、タマスタ筑後でのウエスタン・リーグ広島戦で4か月ぶりに実戦復帰した。「4番・DH」に名を連ねると、復帰初打席は死球だった。

 2回の先頭打者として、4か月ぶりの打席に立った柳田。広島先発ケムナの前に初球は空振り。1ボール1ストライクから2球ファウルを放ち、2ボール2ストライクからの6球目、148キロのストレートは柳田の右太ももを直撃。思わず「あぁ!」と絶叫した柳田。復帰初打席はいきなりの死球となり、美間の適時打で先制のホームを踏んだ。

 4月7日のロッテ戦(ヤフオクD)で、左膝裏の「左半膜様筋損傷」を負って離脱。当初は全治3週間と診断されていたものの、想定以上に症状は重く回復に時間を要していた。実戦は負傷した4月7日以来、123日ぶりだった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)