鷹・柳田、4か月ぶり実戦復帰 小川2軍監督は慎重さを強調「簡単な故障じゃない」

鷹・柳田、4か月ぶり実戦復帰 小川2軍監督は慎重さを強調「簡単な故障じゃない」

4か月ぶりに実戦復帰したソフトバンク・柳田悠岐【写真:福谷佑介】

福田、川島、中村晃も順調に回復「彼らはいい状態にきた」

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が8日、タマスタ筑後でのウエスタン・リーグ広島戦で4か月ぶりに実戦復帰した。「4番・DH」で出場し、死球と空振り三振で2打席ノーヒットだった。

 2回先頭打者で迎えた復帰後初打席。広島先発のケムナが投じた6球目、148キロが右太ももを直撃する死球。3回1死一、二塁での第2打席はタイミングが合わずに3球三振に終わった。次の打席で代打を送られ、復帰戦は予定通り2打席で交代となった。

 試合後、小川一夫2軍監督は柳田の状態について「見た通り、まだこれからということ。足もまだ万全じゃないし、全力疾走まではできない。スライディングも明日からの練習で確認しながらになる。1軍はまだまだ、簡単な故障じゃないので慎重にやらないといけない」とコメント。実戦復帰こそ果たしたものの、今後も慎重に調整を進めていくとした。

 この日は福田秀平外野手、中村晃外野手、川島慶三内野手といった1軍の主力メンバーも出場。小川2軍監督は「彼らはいい状態にきた。晃も守っているし問題ない。福田も状態はいい。川島にもブランク感じていない」と語っており、1軍復帰が間近に迫っていることを伺わせていた。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)