鷹・柳田「やってもうた」 実戦復帰に思わず涙も「過去最大のやらかし」と苦笑い

鷹・柳田「やってもうた」 実戦復帰に思わず涙も「過去最大のやらかし」と苦笑い

4か月ぶりに実戦復帰したソフトバンク・柳田悠岐【写真:福谷佑介】

4月7日のロッテ戦以来、123日ぶりに実戦復帰し死球と空振り三振

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が8日、タマスタ筑後でのウエスタン・リーグ広島戦で4か月ぶりに実戦復帰した。「4番・DH」で出場し、死球と空振り三振で2打席ノーヒットだった。

 2回先頭打者で迎えた復帰後初打席。広島先発のケムナが投じた6球目、148キロが右太ももを直撃する死球。3回1死一、二塁での第2打席はタイミングが合わずに3球三振に終わった。次の打席で代打を送られ、復帰戦は予定通り2打席で交代となった。

 交代後、報道陣に対応した柳田。4か月に及ぶリハビリを経ての待望の復帰に、思わず涙が溢れた。「治るかどうか分からない部分で不安な気持ちがありました。4か月間を思い出したというか、よく打席に立てたなと思います」。4か月間の苦しみと久々に実戦の場に立てた喜びで涙を流した。

 ただ、すぐに“柳田節”も復活。治療などを終えて帰路につく際には、自ら涙をネタに。「やってもうた〜」と繰り返し「過去最高のやらかしだわ」と報道陣の笑いを誘った。1打席目の死球については「あれで目が覚めました」。苦しみを乗り越えた先の涙は本音だが、すぐに明るさを取り戻したところも“柳田らしさ”だった。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)