【MLB】カ軍捕手が驚異の反射神経で“奪三振” ファン驚愕「すごい反射」「アメージング」

【MLB】カ軍捕手が驚異の反射神経で“奪三振” ファン驚愕「すごい反射」「アメージング」

カージナルスのマット・ウィータース【写真:Getty Images】

打者がファウルチップ→球審のマスクに直撃→落ちてきた球をキャッチ

■ドジャース 2-1 カージナルス(日本時間8日・ロサンゼルス)

 カージナルスのマット・ウィータース捕手が7日(日本時間8日)、敵地ドジャース戦で驚異的な反射神経を見せた。MLB公式インスタグラムが動画で紹介している。

 初回先頭。先発右腕フラハーティがピーダーソンに投じた4球目だった。96マイル(約154.5キロ)の直球はファウルチップに。打球はキャッチャーミットに当たると球審のマスクで跳ね返り、それに反応したウィータースの右手に吸い込まれた。

 MLB公式インスタグラムが「お見事」と動画を投稿すると、称賛するファンのコメントが相次いだ。

「とてもスムーズ」

「すごい反射」

「アメージング」

「とんでもない」

「ワォ!」

「美しい」

 このプレーで流れに乗ったフラハーティは7回10奪三振無失点と好投したが、ドジャースは1点差の9回にマーティンが逆転サヨナラ2点打。カージナルスは5連敗、ドジャースは5連勝を飾った。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)