西武木村、衝撃の2打席連発! 2度の同点劇を呼ぶ「最高の形になりました」

楽天戦で2打席連発となる5号2ラン、6号ソロ チームを2度同点に導く

■西武 – 楽天(8日・県営大宮)

 西武の木村文紀外野手が8日の楽天戦(県営大宮)で2打席連発となる5号2ランと6号ソロを放った。

 2点ビハインドで迎えた7回、楽天4番手・ハーマンから左中間スタンド最前列へ同点2ラン。試合を振り出しに戻した男が、再びチームを敗戦の危機から救った。6-6の同点のまま試合は延長戦に突入したが、延長10回に浅村の中犠飛で楽天が1点勝ち越しに成功。万事休すかと思われたが、その直後の延長10回、今度は7番手・久保の初球をセンターバックスクリーンへ運ぶ6号ソロを放ち、土壇場で同点に追いついた。

 7回に同点5号2ランを放った際には「最高の形になりました!嬉しいです!」と喜びを爆発させた木村が、2打席連続で大仕事をやってのけた。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)