西武辻監督、ミスミス5時間超え敗戦に呆れ顔「どうしようもない。見ての通り」

西武辻監督、ミスミス5時間超え敗戦に呆れ顔「どうしようもない。見ての通り」

西武・辻発彦監督【写真:荒川祐史】

延長11回に無安打4失点 辻監督は先発松本航の4回5失点降板に「先発が早く崩れるとこうなる」

■楽天 11-7 西武(8日・県営大宮) 

 西武が8日の楽天戦(県営大宮)で延長11回に勝ち越しを許し、手痛い敗戦を喫した。7回と延長10回に木村が2打席連続で同点アーチを放ったが、延長11回に救援陣が力尽きた。

 同点で迎えた延長11回。この回から登板したマーティンが大乱調だった。先頭の銀次、田中に連続で四球を与えピンチを招くと、続く渡邊佳の犠打を三塁へ悪送球。その間に二塁走者に生還を許した。さらにリリーフした森脇も押し出しと犠飛で失点を重ね、この回は無安打ながら4点を失った。

 5時間2分の死闘を終えた辻監督は「どうしようもない。見ての通り」と呆れ顔。この日は先発の松本航が4回5失点で降板しており、「先発が早く崩れるとこうなる。行けるところまで先発がもうちょっと頑張らないと」と言葉を絞り出した。(安藤かなみ / Kanami Ando)

関連記事(外部サイト)