【高校野球】仙台育英、24安打20得点で大勝発進 初出場の飯山は先制するも猛攻止められず

【夏の甲子園】仙台育英(宮城)と飯山(長野)が対戦 仙台育英が20得点で初戦突破

記事まとめ

  • 全国高校野球選手権大会4日目、第2試合で仙台育英(宮城)と飯山(長野)が対戦した
  • 仙台育英は1点を先制されるも、3回2死の場面から千葉蓮の2点二塁打で逆転した
  • その後も加点し24安打20得点、20−1で大勝し初戦を突破した

【高校野球】仙台育英、24安打20得点で大勝発進 初出場の飯山は先制するも猛攻止められず

【高校野球】仙台育英、24安打20得点で大勝発進 初出場の飯山は先制するも猛攻止められず

仙台育英(宮城)が20-1で勝利

投げては笹倉、大栄、伊藤、鈴木千の継投で2安打1失点に抑える

 第101回全国高校野球選手権大会の4日目が9日、甲子園で行われ、第2試合は3年連続28回目の出場となった仙台育英(宮城)が20-1で初出場の飯山(長野)に大勝し、初戦を突破した。

 仙台育英は1点を先制された3回、2死一、三塁から千葉の2点二塁打で逆転。大栄の適時三塁打、笹倉の適時二塁打でさらに2点を奪った。4回に3点を追加すると、5回には9安打10得点の猛攻。その後も加点し24安打20得点で快勝した。投げては先発の1年生左腕・笹倉が3回1失点に抑えると、4回からはエースナンバーの大栄が3イニングを完全投球、7回からは1年生の伊藤、9回は鈴木千が無失点に抑えた。

 初出場の飯山は3回に大川のタイムリーで先制したが、猛攻を止められず初勝利はならなかった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)