【MLB】これぞ一流の技! 金メダリストの“ラケット始球式”が米で話題 「本当に素晴らしい」

【MLB】これぞ一流の技! 金メダリストの“ラケット始球式”が米で話題 「本当に素晴らしい」

始球式を務めたモニカ・プイグ(右)と交際相手のレッズ・ディートリッチ(画像はスクリーンショット)

16年リオ五輪で女子シングルス金メダルを獲得したモニカ・プイグが“ラケット始球式”

■レッズ – カブス(日本時間9日・シンシナティ) 

 メジャーで起こった圧巻の始球式が話題になっている。8日(日本時間9日)のレッズ対カブス戦で2016年リオ五輪・女子シングルスで金メダルを獲得したモニカ・プイグがラケットでボールを弾き返す“ノーバウンド始球式”を披露。MLB公式サイト、「Cut4」が続々と報じている。

 一流の技術に球場も歓喜に包まれた。この日の試合前にマウンドに上がったモニカ・プイグは大きく振りかぶりラケットを振りかざすと、ボールは捕手を務めた交際相手のディートリッチのグラブにノーバウンドで収まった。本番さながらの“一打”に球場は大きくわいた。

 MLB公式サイト内の人気コーナー「Cut4」、MLB公式ツイッターはモニカ・プイグが披露した圧巻の始球式を動画で公開。これにはファンも賛辞を送っていた。

「良いラストネームだな」

「本当に素晴らしい!」

「ボールだ」

「良いシンカーだ」

「ワォ! モニカ、ナイスピッチ」

「ベリーナイス、モニカ」

「本当に素敵」

 恋人同士の2人が完成させた珍しい“ラケット始球式”に球場は大盛り上がりだった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)