【MLB】バエスが野手登板に応える左打席で豪快スイング! ファン賛辞「もっと増えるといいね」

【MLB】バエスが野手登板に応える左打席で豪快スイング! ファン賛辞「もっと増えるといいね」

カブスのハビアー・バエス【写真:Getty Images】

大差がついた場面で野手が登板、バエスは左打席に入り豪快なスイングを披露

■カブス 12-5 レッズ(日本時間9日・シンシナティ)

 カブスのバビアー・バエス内野手が8日(日本時間9日)、敵地レッズ戦で左打席に入りファンを喜ばせた。大差がついた展開で野手がマウンドに上がり、バエスもこれに応える形となった。MLB公式ツイッターが動画で公開するとファンからは称賛の声が上がった。

 メジャーならではの光景だった。7点リードで迎えた9回のカブスの攻撃。大差がついたこともありレッズはこの回から野手のファーマーがマウンドに上がった。2死一塁の場面で第6打席を迎えたバエスは本来とは逆の左打席に入ると球場は大いに沸いた。初球のスローボールを豪快に振りぬくと打球はセンターへの飛球となり3アウトとなった。

 MLB公式ツイッターは「バエスが左打席に立つ」とコメントを添え、動画を公開。体勢が崩れる程の豪快なスイングを見せたバエスにファンも大喜びだった。

「真剣な話だけど、もし彼が(打者目線で)良い球を投げてもらっていたらホームランを打っていたかもしれないね」

「野手が登板するときは、これをする選手がもっと増えるといいのにね。ホームランを打ったら、大盛り上がりになるだろうから」

「MLB最高の遊撃手」

「最初見たときは(スタンドまで)行ったかと思ったよ」

「なかなか面白いな笑」

「僕の普段のスイングよりいいね」

「とても素晴らしい。ワォ」

 1打席を不意にしてまでファンサービスを見せたバエス。左打席でも変わらない豪快なスイングにファンも「(スタンドまで)行ったかと思った」「とても素晴らしい」と賛辞を送っていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)