ロッテ荻野貴、逆をつかれての“神帰塁”にファン驚愕 「神様仏様荻野様!」

ロッテ荻野貴、逆をつかれての“神帰塁”にファン驚愕 「神様仏様荻野様!」

ロッテ・荻野貴司【写真:荒川祐史】

牽制で逆をつかれながらも空中捻り→神の左手→アウト→リクエストによりセーフ

■ソフトバンク 5-3 ロッテ(8日・ZOZOマリン)

 ロッテの荻野貴司外野手が魅せた“神帰塁”が話題になっている。8日にZOZOマリンで行われたソフトバンク戦で牽制で逆をつかれながらも“空中ひねり”で間一髪セーフになった瞬間を「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeが伝えている。

 ロッテは1点を追う7回。無死一、三塁の好機を作り打席にはマーティン。ソフトバンクの左腕・嘉弥真は1ストライクから一塁へ牽制。一走の荻野貴は逆をつかれたが、右手を“おとり”にし体を捻りながら左手で一塁へ帰塁した。一度はアウトを宣告されたが井口監督はリクエストを要求すると判定は覆りセーフとなった。

 「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeは「逆を突かれても『空中ひねり』で回避【神業】」と見出しを付け動画を公開。荻野貴が見せた抜群のテクニックにファンも「一瞬右手のフェイクを入れてからひねる なんていう帰塁技術」「これはよく避けたよ」「神様仏様荻野様!!」と賛辞を送っていた。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)