オリックスがビギナーズサイトを開設した訳 「初心者の方にはハードルがある」

オリックスがビギナーズサイトを開設した訳 「初心者の方にはハードルがある」

オリックスがビギナーズサイト「バファローズってなんなん?」を開設【画像:パーソル パ・リーグTV】

7月初旬にビギナーズサイト、「バファローズってなんなん?」を開設

 7月初旬、オリックスは、初めて京セラドームに来場する方、もっと野球観戦の楽しみ方を知りたい方向けのビギナーズサイト、「バファローズってなんなん?」を開設した。当サイトには、3分ほどで見られる野球ルール動画や、京セラドームの楽しみ方、選手との共通点検索など、初心者向けのコンテンツが充実している。

 当サイトの開発を担当した、オリックス野球クラブ事業推進部ファンクラブグループの阿部優輝氏に開設のきっかけを聞くと、「目の前で起こったプレーがなぜアウトなのか、球場のビジョンに映っている数字ってなんなんだろう、といった初心者のお客様の意見が聞こえてくることがありました。あとは試合後にあの選手かっこよかったなと思ったときに、能動的に調べないと情報収集できないことが初心者の方にはハードルであると感じたのがきっかけです。そのハードルを球団が下げて、次また観戦したいなと思ってもらいたいという思いで開設に至りました」と説明。

「野球ルール講座!」の動画作成に当たっては、野球に詳しくない職員にも意見を募り、ポジションの名前からアウトの取り方、カウントの見方までを丁寧にアニメーションで説明。細かいところを伝えすぎずに、わかりやすくルールを説明するのには苦労したという。また、ファンクラブ会員にもアンケートを取り、出身地と年齢から選手を検索できる機能を実装するなど、社内外問わず意見を取り入れた。

 他にも「バファローズの歴史」やプロ野球の「1年の流れ」、「どこで観たらいいん? おすすめ座席紹介!」など、野球観戦初心者のかゆいところに手が届く内容となっている。今後は、バファローズファンだけでなく、プロ野球ファンの獲得に向け、随時コンテンツを追加していく予定だ。(「パ・リーグ インサイト」東海林諒平)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

関連記事(外部サイト)