ホークス工藤監督、10日からのハム3連戦で和田先発を明言 「投げることは間違いない」

ホークス工藤監督、10日からのハム3連戦で和田先発を明言 「投げることは間違いない」

ソフトバンク・工藤公康監督【写真:藤浦一都】

グラシアルとモイネロの再合流に「実績ある人が帰ってきた」

 ソフトバンクは10日からヤフオクドームで2位・日本ハムとの3連戦に挑む。初戦はソフトバンクが千賀滉大、日本ハムが有原航平が先発する。9日、投手練習に姿を見せた工藤公康監督は「相手もいいピッチャーですけど、何とか勝てるように」と、エースの好投と打線の奮起に期待を寄せた。

 この日の練習には、ペルーでのパンアメリカン大会出場のためにチームを離脱していたグラシアルとモイネロが合流。それぞれに久しぶりの本拠地で汗を流した。

 頼もしい助っ人の再合流に工藤監督は「無事に怪我することなく帰ってきてくれました。いい表情をしていましたし、明日から厳しい戦いがある中で実績ある人が帰ってきたので、またここからしっかり頑張っていきたい」としながらも、2人の復帰については「明日のコンディションをトレーナーと確認してからどうするか決めたい」と明言は避けた。

 また、右太ももを痛めて抹消されていた和田毅も先発陣の練習に合流。工藤監督は「(この3連戦で)投げることは間違いないです。ボールも良かったと思いますよ」と日本ハム戦での先発起用を明かした。

 首位決戦3連戦の初戦は千賀と有原のエース対決となるが、ともに初戦を取ることの大事さはわかっている。工藤監督は「相手もいいピッチャーですけど、何とか勝てるように。(前回の日本ハム戦で)千賀くんは1人で投げ抜いてくれたので期待も高まりますが、行けるところまで行ってもらって、繋ぐところは繋いでね。接戦になると思いますが、点を取れる時にしっかり取っていきたいと思います」と力を込めた。(藤浦一都 / Kazuto Fujiura)

関連記事(外部サイト)