【幕張の涼風〜M☆Splash!!通信】爽やかな笑顔が光るメンバー随一の“筋肉美” バレエで培ったしなやかなダンスが自慢

【幕張の涼風〜M☆Splash!!通信】爽やかな笑顔が光るメンバー随一の“筋肉美” バレエで培ったしなやかなダンスが自慢

M☆Splash!!5年目のYUKI(ゆき)さん【写真:佐藤直子】

ダンスアカデミーで講師も務める5年目のYUKIさん「生徒が大きな声で名前を呼んでくれるんです」

 混戦模様のパ・リーグで3年ぶりのクライマックスシリーズ(CS)出場を狙う千葉ロッテマリーンズ。チームスローガンを「マウエ↑」とする今季は、猛暑8月からの巻き返しを期す。本拠地ZOZOマリンスタジアムでの開催試合が多い今月。球場に足を運ぶファンとともにアツい応援を届けるのが、チアパフォーマー「M☆Splash!!」だ。グラウンドで繰り広げられる真剣勝負に、元気いっぱいのダンスで華を添える19人のメンバーを、「Full-Count」では定期的にご紹介。第3回は、5年目の筋肉美女「YUKI(ゆき)」さんだ。

 リーダーのASUKAさん、SAYOさんと並び、今年で5年目を迎えるベテランメンバーのYUKIさん。入った当初は「緊張しかしていなかった」というが、先輩や仲間たちのサポートを受けながら成長を遂げ、今では欠かせない中心メンバーとなった。

 3歳から始めて今でも続けるクラシックバレエ。そこで身につけたしなやかな身のこなしとキレのある華麗なターンは、「M☆Splash!!」としてのパフォーマンスでも随所に発揮されている。幼い頃からダンス漬けの毎日で、ほとんど野球と接点はなかった。「高校の時に応援部として高校野球の応援に行ったくらいですね」というYUKIさんが「M☆Splash!!」入りしたのは、知人からの勧めがあったからだ。

「ダンスの仕事がしたくて、いろいろオーディションを受けていた時、知り合いに『プロ野球にもチアがあるんだよ』って教えてもらったんです。そこで『M☆Splash!!』の存在も知って、応募してみました」

 ロッテファンと言えば、球界屈指の情熱を持つことでも知られる。1年目は客席でファンと一緒に応援していたYUKIさんは、「あの熱気にビックリしました。とにかくすごかったですね。迫力に圧倒されました」と当時を振り返る。このファンとの距離感の近さこそ、パフォーマーとしての醍醐味を生み出してくれる。

「ファンの皆さんの反応をストレートに感じることができますし、『頑張ってね』と声を掛けていただくこともあります。初めてお会いする方から『YUKIさん』って名前で呼ばれることもあって、すごくうれしくなりますね。男性はもちろんですが、『M☆Splash!!』は女性やお子さんに憧れられる存在であることが目標の1つでもあるので、女性やお子さんに『いつも元気をもらっています』と言っていただくことも多くて、本当に感謝しています」

 今ではマリーンズ・ダンスアカデミーの講師も務めている。「イベントや球場に生徒が来て、大きな声で名前を呼んでくれるんです」と、うれしそうに笑顔を絶やさないYUKIさん。「ダンスは身体の一部です。身に染みついているし、やっていないとダメですね」というほど大きなダンス愛に溢れている。

自慢の筋肉美に加え、自身で手掛けるこだわりのヘアアレンジやネイルアート

 ハイレベルなダンステクニックに加え、YUKIさんが他のメンバーから一目置かれているのが、その“筋肉美”だ。爽やかな笑顔と小柄な身体からは想像もつかないが、衣装の間から覗くのは、しっかり割れた腹筋。二の腕に浮かぶ筋肉のラインを見れば、「M☆Splash!!」イチの筋肉自慢、という評判も思わず納得だ。

「最初は意識していなかったんですけど、前の衣装はスカートでおへその辺りまで見えていたので、みんなに『腹筋割れてるね』って言われて(笑)。確かに、気が付いたら毎日家で簡単な筋トレはしているな、と」

 そう恥ずかしそうに笑うYUKIさんだが、男女と問わず、羨ましく思う人も多いだろう。そこで毎日同じメニューを続けているという筋トレの一例を教えてもらった。

「本当に簡単なもので、仰向けに寝て膝を立てて、お腹が一直線になるようにお尻を浮かせたり、仰向けに寝た状態で少し浮かせた両足を交互に交差させたり。それぞれの動きは10回くらいですけど、元々筋肉質ですぐにムキムキになってしまうんです。唯一、腕のトレーニングはしていないのに、ポンポンを持って踊るだけで筋肉がついちゃって(笑)」

 夏の炎天下でのパフォーマンスは体力勝負。「身長が低いので、高い人たちに負けないように、その倍は身体を動かすように意識しています」とダイナミックなパフォーマンスを心掛けるYUKIさんにとって、細マッチョな身体は理想的なのかもしれない。

 筋肉ばかりに目が向いてしまうかもしれないが、自身で手掛けるネイルアートやヘアスタイルなど、繊細な部分へのこだわりにも是非注目だ。

「ヘアアレンジやネイルにこだわったり、メイクも衣装に合わせてカラーを変えたり。ダンス以外でも、そういった部分にこだわっています。ZOZOマリンは強風になる時もあるので、ヘアアレンジは結構大変ですね。屋外あるあるですけど、そういう時はスプレーでガチガチに固めます」

 チームは混戦真っ只中。CS進出はまだ十分狙える位置にいるが、ここでひと踏ん張り、連勝して早めにAクラス入りしておきたいところだ。「M☆Splash!!」のメンバーも、より一層エネルギッシュなパフォーマンスでチームの背中を押すつもりだ。

「マリーンズが日本シリーズに行けるように、私たちも日々努力を続けて、選手やお客さんの原動力になるような、そして元気を与えられるようなパフォーマンスをしていきます。応援宜しくお願いします!」(佐藤直子 / Naoko Sato)

関連記事(外部サイト)