【MLB】ダルビッシュ、6回4失点9Kで6敗目 ストライク率76%&無四球も3被弾に泣く

【MLB】ダルビッシュ、6回4失点9Kで6敗目 ストライク率76%&無四球も3被弾に泣く

6敗目を喫したカブス・ダルビッシュ有【写真:AP】

3試合連続無四球と制球安定も…“怒りの大遠投”バウアーは移籍後初白星で5年連続2桁勝利

■レッズ 5-2 カブス(日本時間10日・シンシナティ)

 カブスのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、敵地レッズ戦に先発し、6回4安打4失点9奪三振無四球で6敗目(4勝)を喫した。ストライク率76%で3試合連続無四球とこの日もコントロールは安定していたが、3被弾に泣いて2試合ぶりの黒星。カブスは2-5で敗れて3連勝はならず。インディアンスからレッズに移籍した“怒りの大遠投”右腕の相手先発トレバー・バウアー投手が5年連続2桁勝利を挙げた。

 初回に1点の援護をもらったダルビッシュは、10球で3者連続三振に仕留める圧巻のスタート。しかし、2回は先頭バンメーターに二塁打を許すと、アキーノにはカットボールを右翼席に運ばれ、逆転2ランを浴びた。

 3回は再び3者凡退に抑えたが、4回は先頭スアレスに初球のスライダーをレフトスタンドに運ばれ、追加点を献上。5回も3者凡退に抑えたものの、6回も1死からボットにセンターへの12号ソロを浴び4失点。その裏に代打を送られて降板となった。

 わずか被安打4も全てが長打となり、そのうち3本が本塁打。78球を投げてストライク59球とストライク率は実に約76%を記録し、3試合連続無四球、11試合連続2四球以下とコントロールは相変わらず安定していたが、ホームランに泣いた。

 インディアンス所属時には、KO後にセンターに怒りの“大遠投”を見せて話題を呼んだレッズのバウアーは7回106球を投げ、3安打1失点11奪三振2四球の快投で5年連続2桁勝利。レッズ移籍後は初白星となった。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)