【MLB】“無言で退場”の悲劇も… “天井ツンツン男”再来に批判殺到「大人になれ」

【MLB】“無言で退場”の悲劇も… “天井ツンツン男”再来に批判殺到「大人になれ」

審判に抗議するヤンキースのブレッド・ガードナー【写真:Getty Images】

「何も言っていない」にも退場となったガードナー、その直前の行為には批判の声が…

■ブルージェイズ 8-2 ヤンキース(日本時間10日・トロント) 

 ヤンキースのブレット・ガードナー外野手が、9日(日本時間10日)の敵地ブルージェイズ戦でダグアウトのベンチに座っていただけで退場処分となった。球審が、判定に対する暴言の主を確認せずに退場を宣告。試合後に「僕は何も言っていない」と明かしたガードナーにとっては“悲劇”となったが、その直前に見せていたバットでダグアウトの天井を突く行為の映像をMLB公式サイトが公開すると、ファンからは批判の声が上がった。

 ガードナーがまさかの退場宣告を受けたのは、ブルージェイズの3点リードで迎えた4回。トークマンへの初球をクリス・セガール球審がストライクと判定。その直後に、多くの選手が野次を飛ばしていたヤンキースベンチの“誰か”に向かって退場を宣告した。

 アーロン・ブーン監督がダグアウトを飛び出し、誰が退場となったのかを確認すると、ガードナーが対象だったことが判明。ベンチに座っていた本人は驚きを隠せず、審判に猛抗議したが、判定は変わらず。地元テレビ局「YESネットワーク」が試合後に公開した動画で、ガードナーは「自分が退場処分を受けたと聞き、審判のところに行った。僕は何も言っていない、間違えている、と伝えたよ。けど、彼は僕を見て、僕が何か言っているのを見たと言ったんだ。頭にきたよ。彼は嘘をついた。僕は何も言っていないからね。動画を見れば分かる」と怒り心頭だった。

 ただ、ガードナーは続けて「数分前にダグアウトの天井をバットで突いていたけど、それはルール違反ではないはずだ。かなりイライラする」とも言及。この行為自体については、ファンから批判の声が上がっている。MLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」が、インスタグラムで「ガーディがダグアウトを突くのはこれが初めてではない。これが最後にもならないだろう」とその映像を公開すると、多くのコメントが集まった。

「子供みたい」
「彼は問題を抱えている」
「大人になれ」
「なんて奴」
「ガードナーの上の部屋には住みたくないね」
「いつものガーディ」
「彼はピエロだ」
「今度は何に苛立っているんだ」
「こんなことしてバカみたい」
「彼は負けている時にいつもやっているんだろう」

 思わぬ形で退場となってしまったガードナーには同情の声が上がっているが、天井を突く行為自体には不快感を覚えているファンも多いようだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)