何もしてないのに退場…NY紙は審判とMLBを痛烈批判「欠陥」「恥ずべき出来事」

何もしてないのに退場…NY紙は審判とMLBを痛烈批判「欠陥」「恥ずべき出来事」

不可解な退場宣告に激怒するヤンキースのブレッド・ガードナー(右)【写真:Getty Images】

暴言を吐いていないガードナーを確認せず退場に、審判に“被害者”本人も批判「彼は嘘をついた」

■ブルージェイズ 8-2 ヤンキース(日本時間10日・トロント)

 ヤンキースのブレット・ガードナー外野手が9日(日本時間10日)、敵地ブルージェイズ戦で“悲劇的”な退場処分を受けた。球審が、判定に対するダグアウトからの暴言の主を確認せずに退場を宣告。“無言”だったガードナーは猛抗議したものの、覆ることはなかった。ヤンキースの地元ニューヨークのメディアはミスを認めない審判を痛烈に批判し、「MLBの欠陥」と指摘している。

 ブルージェイズの3点リードで迎えた4回だった。クリス・セガール球審は、トークマンへの初球をストライクと判定すると、暴言があったとしてヤンキースベンチの“誰か”に退場を告げた。アーロン・ブーン監督は自分の体を指しながらダグアウトを飛び出し、誰が退場になったかを尋ねる。その直後、座っていたキャプテンのガードナーが驚きの表情を浮かべた。

 自分が退場になったことを知ったガードナーは、ダグアウトを飛び出して球審に猛抗議。ブーン監督に必死に止められ、ダグアウトに戻ったが、グラウンドを見つめて呆然……。地元テレビ局の中継では、ガードナーはダグアウトの天井をバットで突くような素ぶりを見せていたものの、暴言を吐いている様子はなかったことがリプレー映像で確認された。

 ガードナーは試合後、地元メディアの取材に対して「僕は何も言っていない、間違えている、と伝えたよ。けど、彼は僕を見て、僕が何か言っているのを見たと言ったんだ。頭にきたよ。彼は嘘をついた」とセガール球審を猛批判。さらに、「説明責任を果たさない。誰にも説明しなくていいんだろうね。僕を退場にし、それだけだ。理解できないよ。その時も、今でもだ。ただ間違っている」と不満をぶちまけた。

審判の説明は…「退場についてコメントはしません。報告し、テープを確認します」

 この審判の態度をニューヨークメディアも問題視。地元紙「ニューヨーク・ポスト」は「審判のブレット・ガードナーへのミスの結果が大きなMLBの欠陥を示す」とのタイトルで報じ、「ミスは発生する。審判が変わらなければならないことは、ミスについて公に説明責任を果たすことである」と指摘した。ガードナーのコメントも紹介しながら、球審がミスをしたことではなく、判定についての説明がないこと、MLBがミスを認めないことを批判した。

「3Aで審判を務めるセガール氏はメジャーリーグの審判も務めることがある。彼はこの恥ずべき出来事を上司に報告しなければならないはずであり、MLBが球団に連絡をする可能性もある。そして、アーロン・ブーン監督はその内容をメディアに明かすかもしれない。しかし、MLBがセガールの非を認める声明を正式に発表することはないであろう」

 このように指摘し、動画ではガードナーではなくメイビンが暴言を吐いていたことが確認できたと説明。さらに、この試合で一塁審判を務めたダン・イアソニャが「退場についてコメントはしません。報告し、テープを確認します」と話したことを伝えている。一方で、セガール審判に謝罪してほしいかを聞かれたガードナーは「興味ない」と語ったという。審判に対する“諦め”すら感じられるコメントだ。

 今回の判定について、審判団やMLBは本当に非を認めることはないのか。今後の対応次第で批判がさらに強くなる可能性もありそうだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)