オリックス、山本由伸は左外腹斜筋損傷と診断 違和感を訴えて楽天戦の先発は回避

オリックス、山本由伸は左外腹斜筋損傷と診断 違和感を訴えて楽天戦の先発は回避

オリックス・山本由伸【写真:荒川祐史】

今後は幹部の状態を確認しながらリハビリ等を行う

 オリックスは10日、山本由伸投手が仙台市内の病院でMRI検査を受け、左外腹斜筋損傷と診断されたと発表した。山本はこの日先発予定だった楽天戦の登板を回避していた。

 山本は9日の練習中に左脇腹に違和感を訴えたため、この日の試合前に登板回避が発表されていた。球団は今後については幹部の状態を確認しながらリハビリ等を行っていく予定としている。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)