【MLB】大谷、連敗「8」で止まり「勝ったほうが楽しい」 2安打2打点で貢献「いいゲーム」

【MLB】大谷、連敗「8」で止まり「勝ったほうが楽しい」 2安打2打点で貢献「いいゲーム」

敵地でのレッドソックス戦に先発出場したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

今季25度目のマルチ安打、今季満塁初安打に「次もいいイメージで打席に入れる」

■エンゼルス 12-4 Rソックス(日本時間11日・ボストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、敵地レッドソックス戦に「3番・DH」で3試合連続スタメン出場し、5打数2安打2打点と活躍した。エンゼルスは12-4で勝利し、泥沼の連敗は「8」でストップ。今季25度目のマルチ安打で勝利に貢献した大谷は試合後に「勝ったほうが楽しい」と笑みを浮かべた。

 大谷は初回、1死一塁で2016年のサイ・ヤング賞右腕ポーセロの76マイル(約122キロ)のカーブを捉え、左中間を破る二塁打。逆方向への打球で初速106マイル(約171キロ)を記録する痛烈なヒットとなり、アップトンの先制3ランで生還した。その後2打席は凡退したものの、5点リードとなって迎えた7回無死満塁の絶好機では右腕ベラスケスのチェンジアップを右手一本で中前に運ぶ技ありの2点タイムリー。今季、満塁の場面では12打席で8打数無安打4打点2四球だったが、これが13打席目で初のヒットとなった。

 エンゼルスは大勝で長いトンネルを脱出。今季通算成績を79試合出場、打率.285、15本塁打、45打点、OPS(出塁率+長打率).854とした大谷は試合後、「いいものだなとは思います。勝ったほうが楽しいかなと思います」と8月初白星の味を噛み締めた。

 2本のヒットで先制点、追加点に絡む活躍だったが「こちらがずっといい雰囲気を、流れを保ちながら後半までいけたので、いいゲームだったんじゃないかなと思います」と大谷。満塁での今季初ヒットにも「良かったなと思います。次(満塁で)回ってきたときにもまたいいイメージを持って、打席に入れるんじゃないかなと思います」とうなずいていた。(木崎英夫 / Hideo Kizaki)

関連記事(外部サイト)