礼儀正しすぎる新助っ人!? ロッテ・マーティンの“ペコペコ挨拶”動画にファン“虜”

礼儀正しすぎる新助っ人!? ロッテ・マーティンの“ペコペコ挨拶”動画にファン“虜”

ロッテのレオネス・マーティン【写真:岩国誠】

活躍続ける新助っ人の礼儀正しすぎる姿が話題「推せる要素しかない」

■西武 8-3 ロッテ(10日・ZOZOマリン) 

 ロッテの新助っ人、レオネス・マーティン外野手が躍動している。ここまで14試合出場で打率.310、5本塁打、13打点。圧倒的な強肩ぶりに加え、すでに盗塁も3個決めるなど万能ぶりを見せつけているが、10日の西武戦では「めっちゃ丁寧な挨拶」も話題に。二盗を決めた後、ペコペコと頭を下げて声援に応える動画が「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルで公開されると、ファンから「推せる要素しかない」などと称賛の声が上がった。

 この試合、マーティンは「2番・右翼」でスタメン出場。初回1死走者なしで死球で出塁すると、続く鈴木の打席でスタート。捕手の森は投げることができず、マーティンはスライディングせずに悠々と二塁に到達した。

 ZOZOマリンスタジアムのロッテファンは大歓声。すると、マーティンはヘルメットのつばに右手を添え、ペコペコとあらゆる方向に頭を下げた。このシーンを「パーソル パ・リーグTV」の公式YouTubeチャンネルは「プレー以外も頑張りマーティンのめっちゃ丁寧な挨拶」とタイトルを付けて公開。礼儀正しすぎる新助っ人の姿に喜びのコメント欄が続々とついた。

「マーティン、推せる要素しかない」
「めっちゃいい人すぎる推せる」
「好感持てるなぁ〜」
「走攻守 三拍子揃ったとはまさにこの選手だと思う。ロッテはいい選手とったなぁ」
「塁を盗むけど、丁寧な挨拶やわ」
「この選手長所しかないぞ」
「マーティン好きになった!」
「毎試合ライトスタンドにも挨拶してくれる」

 試合には3-8で敗れ、マーティンもその後3打席は無安打と“小休止”となったが、好感度は引き続き急上昇中のようだ。(Full-Count編集部)

関連記事(外部サイト)