鷹、明石の2点打で首位攻防第2戦に先制 ミランダは5回2安打5四球無失点の“怪投”

鷹、明石の2点打で首位攻防第2戦に先制 ミランダは5回2安打5四球無失点の“怪投”

ソフトバンクのアリエル・ミランダ【写真:藤浦一都】

日本ハムは3回、4回と満塁のチャンスを掴みながら、生かせず

■ソフトバンク – 日本ハム(11日・ヤフオクドーム)

 ソフトバンクは首位攻防第2ラウンドで先手を奪った。11日、本拠地ヤフオクドームでの2位日本ハムとの直接対決。両チーム無得点で迎えた5回に明石が2点適時打を放って先制した。

 先発のミランダが“怪投”した。左腕は初回、2回と危なげなく無失点に封じたが、3回から雲行きが怪しくなった。3つの四球を与えて2死満塁のピンチを招いたものの、4番の中田をなんとか左飛に封じて窮地を脱出。4回にも四球と自身の失策、さらにこの日5個目の四球で1死満塁とされながら、中島卓を中飛、西川を左飛に打ち取った。ミランダは5回を投げて99球、2安打5四球無失点と“怪投”した。

 日本ハム打線の拙攻にも助けられていると、5回に待望の先制点を掴んだ。1死から打席に立った牧原が自打球で負傷交代。代わって打席に立った福田がセーフティバントを決めて出塁すると、甲斐が右前安打と盗塁で続き1死ニ、三塁とすると、明石が中前へ2点適時打。ここまで苦戦を強いられていた日本ハムの2番手ロドリゲスをついに攻略した。6回からは甲斐野がマウンドへ。工藤公康監督は自慢のリリーフ陣で逃げ切りを図った。(福谷佑介 / Yusuke Fukutani)

関連記事(外部サイト)